投資の勉強

株初心者が成長速度を格段に早めるコツ! ~出来高編~②

 

こんにちは!

ミチです!

今回はシリーズもの第二弾です!

上記の画像を見れば何かわかりますね。

それはズバリ、「出来高の違和感に気づく力」です!

今回は出来高編ですよ!

普段からチャートはご覧になってますか?

どういうところを見てますか?

株価だけ?移動平均線だけ?

せっかくチャートをご覧になってるのですから、ただ見るだけじゃもったいないですよ!

そこで気づくか気づかないか、ぼんやり眺める人と何かを見つけようと意識して見ている方とでは今後に大きな差がでてきます。

人それぞれありますが、チャートには様々なヒントが隠れています。

ぜひ、いろんな個所を見ていただき、何かを見つけてほしいですね。

それに気づいて、「仮説と検証」を繰り返す。

そうすることで、その気づきがトレードの勝率が高くなるかもしれませんよ。

今回は、そのヒントが現れる場所、「出来高」についてお伝えしたいと思います。

このシリーズは、混同しないよう単元で書いてますので、しっかり理解してほしいと思います。

シリーズは続けていきますので、皆様の投資レベルを上げるためにも、たまにはこのブログを訪れていただければ幸いです!

もしよろしければTwitterやってますので、ご覧ください!

投資に対する気づきを発信しています。
ミチ投資部      

 

この内容の構成は以下の通りです。

 

 

出来高について(復習)

出来高については、もう皆さんご存じでしょう。

そうです。

買いと売りの成立した数ですね。

へぇ~とか、知ってるで終わらせたらダメですよ!

この出来高でも分かることがあります。

例えば出来高を伴って陽線が上がっているのであれば、大口が集めているであったり、材料で大きな商いがあるなどわかりますね。

出来高は買いと売りの成立した数なので、大きい出来高で陽線、もしくは陰線があるとその信頼性は高くなります。

その出来高に注目して、今後の方向性がどうなるかを一つのヒントとしてとらえることができます。

チャートの形やインジケーター、そして出来高など、いろいろな指標が組み合わせるとその確度も強まるわけですね。

ここまでは大丈夫ですか?

復習ですよ。

もし、そこまで見ていなかった方は、それらもふまえて今後は見るようにしてください。

では、本編に入りますよ!

これらの出来高の違和感に気づきますか?

 

出来高の違和感①

いきますよ!

さあ、これを見てどう思いますかね?

 

 

そこのアナタ!

素通りしない!

ヒント書いてますよ!

ヨコヨコなのになぜかピョコっと出来高を伴ってませんか?

そして何事もなかったように、また下がったり上がったりというレンジになりましたね。

違和感めちゃめちゃないですか?

こういうのに気づけるかどうかですよ!

この時点で、何でこうなったかは誰しも正解はわかりません。

しかしながら、レンジ内でこの陽線を伴った出来高は怪しいと違和感に気づきませんか?

では、これがどうなったか続きをチャートでだしましょう!

 

 

いや~、素晴らしいですね!

その後、一気に上昇しましたね!!

これはですね、おそらく大口の買い集めなんですよ!

一気に買い集めるとバレてしまって、安く仕入れられないですよね。

だからコソッと買い集めて、株価も値上がりしないようにするんですね。

だからレンジになるんです。そして株価上昇ランキングにもでてきにくい。

でも、買い集めを行うことで完全に証拠を消すことはできなくて、何かしらのサインは残すんですよ。

そのひとつが出来高に現れたパターンです。

他の出来高は、ほぼ変わらないのに、ひとつだけ出来高が上昇する。

でも株価はレンジ内。この時に大口は集めて、集め終わったら一気に噴き上げて利益を出すやり方ですね!

この出来高の違和感に気づけた方は、大口と一緒に波にのって大きな利益をゲットできます!

どうですか?

なんとなくでも違和感がわかりましたか?

それでは、次の例にいきましょう!

 

出来高の違和感②

どんどんいきますよ~!

これも違和感ありまくりなのはわかりますか?

 

 

これもいきなりビヨーンと出来高がふえてますね。

その違和感に気づけたでしょうか?

さすがにもうわかりましたね。

これ、うまく大口は売り抜けましたね。

陰線は他と比べてもそこまで大きくないので、個人はわからなく取り残されたと思います。

この続きはこのようになっています。

 

 

翌日もたいして下げなかったので、さらにわかりにくかったかもしれませんね。

でも、サインは出来高にでてますよ。

二日後に窓をあけて一気に下げ、どんどん下げていってますね。

赤色の水平ラインがわかっていれば、ここはサポートラインが突破され、損切を巻き込んだことも確認できますね。

サポートラインが抜かれれば、そこは今度はレジスタンスラインになります。

なぜか。

それは買いの損切が多いということは、買いの力はそこから一気に弱くなる。

そして、上からの既存売りと新規の売りが強いわけですね。

いわゆる需給の逆転ですよ。転換ラインとなります。

この出来高の違和感には気づくことができましたか?

サインを見逃さないこと!

大丈夫そうですかね?

もう少し頑張りましょう!

次がラストです!

 

出来高の違和感③

頭パンクしてませんか?

休憩してからでもかまいません。

今まで気にも留めなかったことに対して、気づこうとするのはそうとうなパワーをつかうと思います!

これでラストですから頑張って見てみましょう!

いきますよ!

さあ、どうでしょう?

 

 

今までとは違うタイプがまたまたでてきましたね!

陽線丸坊主で出来高増ですね。

でも次から違和感でてきませんか?

最初こそは利確売りで陰線。

でも次からは下髭つけて価格を維持しつつも陽線になってますね。

では、これがどうなるか見てみましょう!

 

 

すごいあがりましたね!

この違和感に気づけば、初動にのれたことになりますね!

今までたいした出来高がなかったのに一気に出来高をつけて大陽線をつけた。

利確売り、下髭をつけたが価格は維持している、そして、陽線で終わらせている

今までの出来高は買いむかった出来高ととらえることができ、需給としては圧倒的に買いが強い。

圧倒的に買いが強い出来高なのに価格は維持されている

おかしい

どうでしょうか?

違和感に気づきましたか?

おそらくこれも大口が買い集めの可能性が大です。

株価上昇率ではでてこないけど、出来高にはサインがでてますね!

ひそかに集めて、どんどん上げていく。

そして、それに気づいた個人がどんどんのかってきてさらに上がっていく感じですね!

これもこのサインに気づけば初動にのることができ、ものすごい利幅をとれたことになります!

どうですか?

3つ例をだしてみましたが、違和感に気づきましたか?

出来高は信頼できる指標のひとつです。

それはまぎれもなく、買いと売りの商いがあった証拠なんですから!

その違和感に気づけるかはあなた次第ですよ!

日々チャートを見る時に、違和感を見逃さないようにしっかり見てくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2回目の「気づく力」では、出来高編の紹介でした。

言われて初めて”そうなんだ”と思う方もいらっしゃると思いますが、なんとなくそう思っていた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

違和感に気づいたら調べましょう!

その後、どうなっているパターンが多いのか。

仮説と検証ですよ!

このような違和感を調べる方法はたくさんありますが、思い浮かばなければ、マザーズ銘柄だけ週末に全チャートを見るのもいいと思います。

マザーズだけならそこまで時間はかかりません。

私も昔は全銘柄見てましたし、今でもたまには全銘柄を見ることもあります。

そこで違和感に気づくことがたくさんあります。

ぜひチャレンジしてみて下さいね!

 最後までお読みいただきありがとうございました!

※最後に大サービス!気づく人には気づく!今までだしたチャートに超有料級の手法が隠れていますよ!!

Twitterもやってます! ぜひご覧ください!
投資に役立つ情報を発信中!
ミチ投資部

ミチの人生経歴と行動理念

 

株初心者が成長速度を格段に早めるコツ!! シリーズ① ~移動平均線編~

           

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資の勉強
-, ,

© 2021 ミチBlog~道~☆投資、資格、副業、トレンド、旅行☆  Powered by AFFINGER5