相場日記

2月9日(火)相場のおさらい

 

こんばんは。

今日の相場はどうでしたか?

私の中では、けっこうやりにくかったです。

日経に関しては、いったりきたりで方向感がつかめない動きで、マザーズは監視銘柄は全滅でしたね。

業績の見通しが良かったS高銘柄のシンバイオとかを狙ってましたが、うまくポイントがさだまらず後場になったので除外しました。

入った銘柄も同値撤退が多く、あまりいいところがない展開でしたが、昨日のツイートで書いた通り思惑銘柄をいくつか打診で拾ってました。

今すぐ答えがでるわけではないので、ゆっくり見守ろうと思います。

本日は、あまりいいところがなかったので、逆張りのリバ狙いで入ったバンダイを紹介します。

 

2月9日(火) バンダイナムコホールディングス

 

またもや大型ですが、この銘柄は決算で上方修正をだしたのですが、市場ではいったんの出尽くしとして大きくギャップダウンからはじまった銘柄です。

決算は見ていていましたが、悪材料でもなんでもありません。

上方修正をだしたけど、売られたということは市場の期待値は届いていなかったということ。

寄り付きを見て大幅なGDするのはわかってましたが、最初はけっこう下げるな~という程度でした。

 

バンダイチャート

 

ずっと見ていたら、どんどん下げる。

約10%の大台まで下げてきました。

これはあきらかに下げ過ぎていると考えました。

悪材料ではないですからね。上方修正からので出尽くし。

おそらく、思ったより大きな売り圧で投げ売りした個人投資家も多いと思います。

兼業の方も投げたのではないでしょうか。

10%の下げってどう思います?

例えば、日経指数が30000だったとしましょう。

その10%の下げは3000円で27000円です。

3000円の値幅はいかつくないですか?

かなり大きめの調整ですね。

内容から見てもバンダイの調整はあきらかに下げ過ぎと考えて監視していました。

出来高もずっとチェック。

最初は多くて当然ですね。

ダラダラさげていく、出来高が少なくなってくるとローソクもヨコヨコになってきます。

そこからですね、インできるか強監視です👀

この下げなので新たな買いの需要は少ないのは明白です。

よって気にするのは売り枯れ→売りからの買い戻し。

この転換を狙うのはブレイクを狙った方が安全です。

ちょうどレジサポラインで若干ですが効いていそうにもみえます。

また、上髭でそこから売り圧の形跡もあるように見えたので、ブレイクを超えれば買い戻しが入ってくるのでは?

という考えですね。

もちろん、市場が答え合わせをするので下値をぶっぱなす可能性もあります。

また、安値までは近いのでそのリスクを考えるとリバどりのリスクリワードはいいです。

下げの内容、乖離率、出来高、ブレイク、リスクリワード、リバの予想上昇レンジなどいろいろ考えてインしたのがうまくいった感じです👀

下げが悪材料でないということと乖離約10%、これだけでもリバは入ると思ってました。

ただ、リバはあくまでリバ。

持ち越しでいい思いはあまりないので前場で利確しました。

 

まとめ

 

リバどりの真髄は、売られた後にも相場に追随できる誰かが残っているか。

これがいるといないでは全然違います。

簡単な例は仕手株ですね。

これは売られた後は大口はいなく、弱小個人しか残ってません。

取り残された個人だけでは上げられないですからね。

バンダイは悪材料でもなく出尽くしという調整です。

なので、下からもっている大口や投資家で調整下げは安いと思って買ってくるんですね。

そういうところを考えて入る。

ダメならすぐに切る素早さも大事ですからね。

答えはチャートが教えてくれるので、期待値が高いと思うところにとにかくインしていく。

リスクを減らす為に常にリスクリワードを考えることが大事ですよ。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はリバどり編でした。

 

【初心者必見】1日の相場の流れを考える~基本的なデイトレードの時間の流れ~

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-相場日記
-, , , ,

© 2021 ミチBlog~道~☆投資、資格、副業、トレンド、旅行☆  Powered by AFFINGER5